中古車 下取り 手続き

中古車の下取り手続き

 下取り査定を受ける

 

購入したい車が見つかったら、下取り査定を受けます。
これによって、下取りによる値引き価格が明らかになります。

 

なお、下取り価格に不満がある、可能な限り愛車を高額で手放したいという方は、一括査定サービスを活用するようにして下さい。

>>一括査定の詳細<<

 

 名義変更手続きを行う

 

下取りに出すと、中古車の名義が販売店側のものになります。
それに伴い、名義変更手続きが必要になります。

 

ただ、ディーラーや中古車販売店は、これら手続きを代行してくれますから、
車検証 印鑑登録証明書 自賠責保険証明書 自動車納税証明書 実印 リサイクル券 を用意していけば大丈夫です。

 

なお軽自動車の場合は必要なものがやや異なり、
車検証 自賠責保険証明書 軽自動車納税証明書 印鑑(認印可) リサイクル券
になります。

 

 購入の手続きを行う

 

いくつかの書類を用意し、契約書を記入するだけで、購入手続きは完了します。
その後、納車を待つだけという流れです。

 

購入の手続きに必要な書類は、ほぼ名義変更の際に必要なものと同様です。
ただ、車庫証明書がこれに加わりますので、この点はご注意下さい。

 

 

このように、ディーラーや、中古車販売店は、面倒な事はほとんど行ってくれますので、難しい事はありません。

 

せっかくならお得に乗り換え

新車の場合は特に、どこで購入しても、ほとんど価格は変わりません。

 

しかし、古くなった車を、どこに売るかによって、価格はかなり異なります。

 

つまり、お得に乗り換えるためには、古い車をいかに高く売るかが重要となります。

 

古い車を高く売るためには、複数の買取業者の価格比較がスムーズの行える、無料サービス一括査定の利用が不可欠と言っても過言ではありません。

 

トップページ記事では、車を可能な限り高く売るための、一括査定の活用術を公開しているので、ぜひ目を通してみて下さい。

 

 

 

一括査定を活用して愛車を高く売る!→トップページへ移動する