中古車 下取り 書類

中古車下取りの必要書類

 

普通車の下取りに必要な書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 車庫証明
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 住民票
  • リサイクル券
  • 実印

 

軽自動車の下取りに必要な書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自陪責保険証明書
  • 軽自動車税納税証明書
  • 車庫証明
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 住民票
  • リサイクル券
  • 印鑑(認印可)

 

中古車の売却・新車の購入と分ける場合の必要書類

下取りに出すより、中古車買取業者に売却し、ディーラーからは購入のみにした方がお得となる事もあります。

 

こんな、売却と購入を分ける場合の必要書類ですが、下取りの際の必要書類と変わりません。

 

ただし、このパターンですと、売却と購入を同時に行わず、いったん売却して中古車の代金を受け取ります。
現金で支払ってもらえる場合もありますが、振込となる事もありますから、振込先の銀行口座のメモは控えておきましょう。

下取りより買取業者への売却を選ぶ人が増えている

ディーラーは、車の販売が主力業務。

 

一方で、買取業者は、車の買取りが主力業務です。

 

やはり、買取りに力を入れているだけあり、買取業者による買取価格の方が、下取り価格よりも高くなるという事が多いのが現状です。

 

そのため、中古車事情に詳しい方ほど、下取りではなく、買取業者へ売却し、ディーラーから購入と、売却・購入を分ける傾向にあります。

 

ケースによっては、買取り業者に売るより、下取りの方がお得となる事もありますが、買取業者への売却を全く検討しないというのは、大きな損に繋がる可能性が高いです。

 

そのため、下取りを検討されている方も、まず買取業者に売却した場合は、いくらになるかを把握しておきましょう。

 

買取業者によって、売却額は異なりますから、一括査定サービスを使って、まんべんなく色々な業者から査定を受けて、それぞれに売却した場合の金額を調べましょう。

 

その上で、下取り査定を受ければ、業者への売却と下取り、どちらがよりお得なのか、正しく見極められます。

 

 

一括査定サービスの利用方法次第で、愛車の売却額が数十万円高くなる事も・・・

 

 

 

一括査定サービスの”正しい使い方”を知る→トップページへ移動する