中古車 下取り 車検

中古車は車検を通してから下取りに出すべき?

下取り価格に、車検の残存期間が反映される事はあります。

 

車検切れギリギリの中古車だと、引き取ったディーラーや業者は、すぐに車検を通さなければなりません。
当然、これには費用がかかりますから、その分を査定額からマイナスするという事は十分あり得ます。

 

逆に、車検を通したばかりであれば、2年近くは車検を通す必要が無いので、査定結果にプラスに反映してもらえる事が期待できます。

 

しかし、下取り価格や買取価格が上がる事を狙って、車検を通す事はやめましょう!

 

たとえギリギリに迫っていても、そのまま査定に出してしまって問題ありません。

 

車検を通そうと通すまいと結果は同じ

お金をかけて、車検に通した結果、査定額が上がったとします。

 

しかし、その上がった分の金額は、大半の場合は車検費用と同等か、それ以下となります。

 

10万円で車検に通して、その結果、査定額のアップが10万円だった・・・

 

こんな事になる位なら、手間を考えると、車検を通さずに手放してしまった方が良いというものです。

 

ましてや、10万円で車検を通して、査定額のアップが5万円・・・といったように、裏目に出てしまう事も十分あり得ますから、車検期間は気にせず、査定を受けてしまいましょう。

出来るだけ高く中古車を手放したいならこうしよう!

中古車を高く手放すために、一番気にかけたいポイントは、車検期間などではありません。

 

どこに売れば、一番高くなるか・・・ココが最重要ポイントです!

 

ディーラーに下取りに出すというのも、1つの選択肢。

 

しかし、数多く存在する買取業者への売却も、中古車を売る選択肢として存在します。

 

 

買取業者の中には、下取りより安い金額でしか買取ってくれないところもあれば、下取り以上の金額で買取ってくれる業者がある事も珍しくありません。

 

ですから、中古車を出来るだけ高く手放したい方は、下取りだけが選択肢とは思わず、買取業者からも積極的に査定を受け、買取価格を調べて下さい。

 

 

無料の一括査定サービスを使うと、数々の大手や中小のレベルの高い買取業者の査定額が素早く把握できます!

 

 

 

一括査定サービスで愛車を高く売るためのノウハウ解説→トップページへ移動する