中古車 下取り リサイクル料

中古車 下取り リサイクル料

現在は車を廃車にする際は、鉄などの資源をリサイクルする事が法律で決められています。
リサイクルをするためには、費用がかかりますから、これをオーナーが負担するという決まりになっているのです。
2005年以降に新車を購入された方は、購入時にリサイクル料を支払い、リサイクル券を手にしたはずです。

 

下取りに出す場合のリサイクル料

ディーラーや中古車買取業者に下取りに出したり、売却する場合、オーナーはディーラーに変わります。
名義変更をしなければ、車の売買はできませんからね。

 

しかしこうなった場合、こちらはリサイクル料を支払ったのに、廃車にはしていない、という事になります。
ですから、リサイクル料に相当する金額を、下取り価格に本来上乗せされるべきです。

 

しかし、現実としては下取り総額に含まれており、リサイクル料が戻ってきたのかどうかハッキリしない事があります。
見積書を見ても、リサイクル料に関してしっかり明記されていない場合、リサイクル料金の還付があるのか、しっかり問いただしてみて下さい。

 

リサイクル料金の目安額

車種によって異なるので、全てをここで載せるのは難しいので、目安額を紹介します。

  • 軽自動車が、3,000円〜10,000円
  • 小型乗用車 9,000円〜14,000円
  • 普通乗用車 10,500円〜10,500円

トラック類は、サイズはともかく構造自体はそう複雑ではないので、5,500円〜11,000円と思ったほど高くはありません。
バスなど、特殊な車は10,000円〜60,000円と高めです。

 

 

リサイクル料金は廃車にする場合に重要となってきます。
そのため、現役で走れる中古車を下取りに出したり、売却したりする際にはあまり関係ありません。
関係あるとすれば、先ほどすでに支払ったリサイクル料をディーラーや業者から返してもらうという事です。

 

現在お持ちの車が、廃車にするしかないとお考えの方、ディーラーから下取り査定を受けたら、廃車にするしかないので0円と言われた方は、ぜひ一括査定を使ってみてください。

 

下取り査定や、買取査定で0円が付いた中古車を、数万円といった金額で買取ってくれる業者が見つかる可能性があります。

 

 

 

高額売却のための一括査定活用法→トップページへ移動する