中古車 下取り 値引き

中古車下取りの注意点

過去、中古車を下取りに出した経験がある方は、車の販売価格の値引き額や、下取り額が、どのような理由によって決められているのか、今ひとつ理解できなかったと記憶されているかもしれません。

 

それもそのはずで、アバウトと言っては言い過ぎかもしれませんが、値引き額・下取り額をどう設定するかは、ディーラーの営業マン各々に委ねられています。

 

つまり、店の方針に従った範囲内であれば、ある程度自由に金額を設定できたりするのです。
これは、コチラの営業マンに対するちょっとした対応の違いによって、値引き額や下取り額が上下する、という事でもあります。

 

そこで、下取りで可能な限り、新しい車の購入価格を値引きしてもらうためのテクニックを紹介します。
*↓のステップ1〜4の順に行って下さい。

 

一括査定で最高買取価格を調べる

 

一括査定は、ガリバーやアップル、カーセブンといった、中古車の買取業者複数の買取価格を素早く調べられる、無料オンラインサービスです。
このサービスを使えば、買取業者に売却した場合、最高でいくらになるのか、わかります。

 

この[最高買取価格]は、下取りの交渉において有効なカードとなるため、はず初めに把握しておきましょう。

 

下取りナシでの値引き額を聞く

 

ディーラー店で、まず下取りの話は出さず、車の購入のみを検討している事を伝えます。

 

営業マンが、購入のみの場合、〜円の値引きが可能だと伝えて来るはずです。

 

下取りの話を出す

 

購入のみの場合の値引き額を聞いたら、ここで初めて下取りの話を持ちかけます。
下取りに出した場合、更にいくら値引きされるかを聞きましょう。

 

ディーラーの値引き額の決め方は、最初にお話したとおり、ややアバウトな所があります。

 

最初から下取りの話を持ちかけると、値引き額が50万円だと言われた。

 

しかし、最初に購入だけすると伝えた場合、下取りナシでも値引き額が40万円となり、この後で下取りの話を出すと、最終的に値引き額が65万円になる

 

といった事が起きやすいです。
つまり、値引き額を誤魔化されないために、最初から下取りの話は出す事を避けるのです。

 

最高買取価格を伝えて交渉

 

ほとんどの場合、下取りによる値引き額より、最高買取価格の方が高いです。
ですから、
買取業者に売った場合は、◯◯円なので、できれば下取りによる値引き額をもう少しアップしてもらえませんか?
と交渉します。

 

交渉に応じてもらえれば、そのまま下取りにて買い替えを。
もし、交渉に応じてもらえなかった場合は、古い車は買取業者に売却し、ディーラー店舗からは、新車の購入のみを行います。

 

 

 

下取りよりもお得に買い替えるためのノウハウ→トップページ