中古車 下取り 交渉

中古車の下取り価格アップを狙う交渉術

中古車を、ディーラーの言い値で手放してしまうのはもったいないです。
なぜなら、交渉次第で、より高値で手放せる可能性が少なくないからです。

 

そこで、簡単にできて効果抜群の、下取り価格アップのを狙うための交渉術について解説していきます。

 

まずは交渉材料を手に入れよう!

ディーラーに対して、もっと下取り価格を上げて欲しいと頼んでも、なかなか価格は上がらないものです。

 

しかし、交渉材料があれば、話は別です。

 

交渉材料というのは、中古車買取り業者の査定結果です。

 

例えば、ディーラーの下取り査定の結果が30万円だった・・・
この場合、業者からの30万円以上の査定結果があれば、これが強力な交渉材料となります。

 

もし査定額40万円の買取業者があれば、「40万円以上での下取りが難しいようであれば、業者の方に売却します」と、ディーラーに伝えましょう。

 

こうする事で、ディーラーは低い金額では中古車を引き取れないという危機感が出てきますので、利益が出せるのであれば、40万円以上での下取りも望めます。

 

愛車を出来るだけ高く手放すためには多数の業者から査定を受けよう

 

買取業者の査定額はどこも同じではありません。

 

その業者の販売ルートや、在庫状況など、様々な理由によって、査定額は変わります。

 

ですから、できるだけ多くの業者から、査定を受けましょう。
そうしないと、最高査定額の業者を確実に探しだす事ができません。

 

業者によって、査定額が倍以上も異なるケースがありますから、一部の業者からしか査定を受けないというのは、大きなリスクがあるのです。

 

査定を受ける業者が増えれば、その分多少手間は増えます。
しかし2,3時間の手間で、愛車が数十万円も高く手放せる可能性もあると考えれば、元は取れます。

ディーラーや買取業者は、交渉によって、査定後に出した価格より、値上げしてくれる事はあります。
しかし、利益が出せる範囲でしか、値上げはできません。

 

もし、下取りよりも、買取業者に売却して、その後にディーラーで購入した方が得な場合は、それでも構いません。
車を買い替えるなら、下取りは必須という訳ではないのです。

 

 

 

愛車の売却額をアップさせるためのとっておきのコツ伝授します!→トップページへ移動