中古車 下取り 購入

中古車を購入する場合は下取りがお得?

 

新車の購入だけではなく、中古車の購入においても、下取りは可能です。

 

下取りは、古い車を、車の購入代金の一部に充てるというシステムです。
車を売る・買うが同時に出来るので、便利なのが大きなメリットです。

 

また、古くから行われている方法なので、多くの方が車の買い替えの際、下取りというシステムを活用しています。

 

しかし現在では、古い車を売る事と、新しい車を買う事を別々に行って、車買い替えを行う、という方も増えてきました。
買取業者にまず売却し、その後にディーラーなり、中古車販売店で購入するというパターンです。

 

なぜこうした、ある意味では下取りよりも手間がかかる方法をとる人が増えているのか・・・
その大きな理由は、この方法が下取りよりもお得になりやすいからです。

下取り・売却 どちらがより経済的なのか知ろう

売る車によって、下取り・売却、どちらが経済的なのかは変わります。

 

下取りの方が、お得となりやすい車の条件は、
  • 年式が古い(目安=10年落ち)
  • 過走行(目安=10万q以上)
  • 不人気車
  • 低価格帯

などです。

 

要するに、中古車市場で、あまり高値での取り引きが期待できない車ですね。

 

市場価値が低いと判断されると、買取業者は買取りを拒否する場合もあります。

 

しかし、そんな車でも、下取りの場合は、1万円、2万円程度で引き取ってもらえる事もあるのです。

 

逆に言えば、市場価値がある程度ある車の場合は、買取業者の方が、高値で引き取ってくれやすいです。

 

 

自分の場合は、下取りと売却、どちらがお得なのかを知るためには、買取業者へ売却した際の金額と、下取り価格を両方把握する必要があります。

 

ですから、まず一括査定サービスを使って、複数業者から査定を受けて、買取業者へ売却した場合の最高額を把握。

 

その後、下取り査定を受けて、下取り価格を把握・・・

 

そして両者を比較する事で、どちらがお得なのかが、正しく判断できます。

 

 

買取業者への売却額は、いくつかのポイントを抑えて一括査定サービスを使うことで、大幅にアップできる事があります。

 

これについての詳細は、トップページをご参考下さい。

 

 

 

できるだけお得に車を買い替えたい方は必見の情報→トップページへ移動する