中古車 下取り 傷

中古車下取りに車の傷は影響する?

中古車の下取りや、車の売却をする際には、中古車査定を受けます。

 

中古車査定は、車種や年式、グレードや装備品、ボディーカラーなど、様々な項目を査定士がチェックし、金額を出していくのです。

 

この際、ボディの状態・・・すなわちボディの傷や凹みといったものも、チェック項目となります。

 

ですから、同条件の中古車でも、目立った傷がある車と、傷や凹みが目立たない綺麗なボディの車では、手放す車につく値段は変わります。

 

下取り査定の前に小さな傷は自己修復

コンパウンドを使うなどして、自分で消せるような小さな傷は、修復しておきましょう。
ちょっとの手間が、下取り査定額に大きな影響を与える事があります。

 

軽い凹み程度なら直せる、という方は、ぜひ直してから査定に出すようにして下さい。

 

ボディはもちろん、マフラーやホイールなどの細々とした部分に至るまで、しっかり洗車をするというのも、査定額アップを狙うための有効な手段となります。

 

自分で直せない傷はどうするべき?

自己修復が出来ないような大きな傷や凹みは、そのままにして査定に出してしまって構いません。

 

査定結果にマイナスの影響を与える事は予想されますが、だからといって修理工場に依頼して修復してもらう、といった事はする必要はありません。

 

お金をかけて修理をした場合、査定額が上がる可能性は高いです。
しかし、出費以上の査定額アップは、ほとんど期待できません。

 

一括査定でお得に車の買い替えを行おう!

お得に車を買い替えるためのポイントは、

  • 古い車を高く売る
  • 新しい車を安く買う

この2つ。

 

しかし、新車を購入しようと考えている場合、購入価格を安くするという事は、そこまで出来ません。
中古車の場合でも、現在はネットで全国の販売店の在庫車が簡単にチェックできるようになっていますから、好条件で格安の中古車といった掘り出し物もほとんど見つけられなくなりました。

 

そこで重要になってくるのが、古い車を高く売るという事です。

 

中古車の売値は、どこに売るかによって大きく異なります。
下取りも、売却先の1つとして考えて差し支えありませんが、その他無数に存在している中古車買取店も、売却先として考えましょう。

 

無料webサービスの一括査定を使うと、相場を上回る金額で、古い車を買取る業者が見つかる事があります。

 

 

 

一括見積もりを使って車を相場以上で売却する方法→トップページへ移動