中古車 下取り 買取

中古車の下取りと買取の違いを解説!

中古車の下取りと買取は、似ているようで異なる点が多いです。
そこで、それぞれの方法の定義やメリット・デメリットを解説します。

 

どちらの方法を選択すれば、お得になるのかの判断基準にしてみて下さい。

下取りとは

下取りは、乗らなくなった車を、新しい車の購入代金の一部として、販売店に引き渡す方法です。
売却と購入を同時に行えるため、手間が省けるというのが、最大のメリットです。

 

一方で、手放す車に付く値段が、相場に比べて低めになる傾向が強く、総合的に見ると、買取に比べると、乗り換えのお得度は低めです。

 

買取とは

中古車の買取業者に、古くなった車の買取のみをしてもらう方法です。
売却と購入を別に行わなければならないため、手間がかかるというのが、最大のデメリットです。

 

メリットは下取りに比べて高く売れやすいという事です。

 

買取業者は、買取業務を専門的に行っています。
販売業務が主な業務である、ディーラーに比べると、高額買取りのノウハウも豊富なのです。

 

下取り額と買取額をしっかり比較する

買取の方が、下取りよりもお得となる事は多いですが、あくまで傾向の話です。
ケースによっては、下取りの方がお得になる事もあります。

 

ですから、確実に最もお得な方法で車を買い替えるためには、下取り額と買取額をしっかり比較しましょう。

 

 

まず最初に、一括査定を使って複数業者の査定額をチェック。
交渉などを行って、最高買取額を調べます。
*詳細はコチラ

 

この後、下取り査定を受けて下取り額を調べます。
こうすれば、しっかりとした比較が行えますので、下取りと買取り、どちらの方法がよりお得なのかがわかります。

 

 

 

車買い替えで10万円以上得するために→トップページ