中古車 下取り 色

中古車の下取り価格に色は影響する?

車の色、すなわちボディーカラーは中古車の下取り価格に影響します。

 

車種や年式などにもよりますが、色の違いによって5万円〜10万円といった差が生じる事も珍しくありません。

 

中古車の価値は、その車の機能性はもちろんですが、人気によって決まる所も大きいです。
車には、人気色・不人気色とありますから、色は下取り査定のチェック項目の1つに存在しています。

 

 

何色が高く売れやすい?

車種にもよりますが、黒 白 シルバー系オーソドックスな色は、安定した人気があり、高く売れやすいです。

 

スポーツカーでは、オーソドックスな色はもちろんですが、赤・青の人気が高い車種も多いです。

 

イエロー ブラウン グリーン パステルカラー といった珍しい色の場合、多くの車種において、査定の際にあまり良い評価がなされない傾向があります。

 

人気色をより高く・不人気色でも良い値で手放すために

カラフルな珍しい色や、ブラウン系は、あまり良い値が付きにくいという事は説明しました。

 

しかし、ベーシックな色より、こうした珍しい色の車に乗りたい!
という方は、しっかり存在しています。
だからこそ、自動車メーカーも黒 白 シルバー系以外のボディーカラーもリリースしているのです。

 

ただ、こうしたいわゆる不人気色の中古車を高値で手放すためには、下取りに出したり、適当に選んだ買取業者に売るといった事は、避けた方が賢明です。

 

一括査定サービスを使うなどして、様々な買取業者から査定を受け、最高値を提示した業者に売却しましょう。

 

査定結果が良かったという事は、不人気色の中古車を、高く売れる販売ルートを、その買取業者は持っていた・・・
こう考えて間違えありません。

 

また、人気の色の中古車に関しても、一括査定で売却する業者を吟味することで、下取りや相場以上の金額で、手放す事が期待できるようになります。

 

 

一括査定で、愛車を可能な限り高く売却するためのノウハウは、トップページで解説しています。

 

 

 

最高額売却を実現するためのノウハウ解説→トップページ