中古車 遠方 下取り

遠方のディーラーに中古車の下取りを頼む

遠方のディーラーに、中古車の下取りを依頼することは可能です。

 

ただし、陸送費用が掛かるという点には注意しましょう。

 

ましてや、下取りとなりますと、

  • 古い中古車をディーラーの所に送る
  • 新たに購入する車を届けてもらう

と、陸送費用は2重にかかります。

 

この場合、住まいとディーラーとの距離や、手放す、または購入する車の大きさやタイプによって、上下はするものの、陸送費用だけでおおよおそ10万円ぐらいかかってしまいます。

 

そのため、基本的には、遠方のディーラーに中古車の下取りを頼むのは、あまりオススメできません。

 

ただし、自宅が郊外にあり、欲しい車を取り扱っているディーラー店舗が遠方にある、といったようなケースもある事でしょう。

 

そんな時、出来るだけお得に買い替えをするために、どうすれば良いか解説していきます。

 

 

本当にそのディーラーでしか購入できないかチェック!

 

新たに購入する車が、遠方にあるディーラーからしか購入出来ないか、確認しましょう。
近隣の中古車販売店などにも、念のため聞いてみてください。
店頭に並べているのが中古車ばかりでも、ディーラーを兼ねているようなお店も多いです。

 

 

 一括査定で近隣の中古車業者の買取価格をチェック

 

ディーラーから新車を購入するとしても、必ず下取りにしなければならない訳でもありません。

 

中古車を、新車購入代金の一部に充てる、下取りという買い替えの方法もありますが、
中古車業者に売却し、その後、ディーラーから新車の購入だけ行う という方法もあります。

 

遠方のディーラーに下取りに出すとすれば、最初にお話したように、陸送費用がかかってしまいます。
それならば、陸送の必要がない近隣の中古車業者に売却し、遠方のディーラーからは車を購入のみにしたほうが、お得となりやすいです。

 

そもそも、陸送費用の事を抜きにしても、中古車業者へ売却→ディーラーからは車を購入するのみ の方が、下取りよりもトータルでお得となる事が多かったりします。

 

 

ちなみに、同じ中古車でも、中古車業者によって買取価格が異なりますので、一括査定サービスを利用して、必ず最高価格で買取る業者を探しましょう。

 

一括査定で中古車の高額売却を狙う、詳しい方法については、トップページ記事で詳しく触れています。

 

 

 

愛車を最高値で売却するためのノウハウ解説→トップページへ移動する