10年落ち 中古車 下取り

10年落ちの中古車の下取り状況

10年落ちは、中古車の下取り価格が0円になってしまう目安の1つだと、よく言われます。

 

確かに、10年落ちとなった事で、0円になるケースもあります。
一部のヴィンテージカーなどを除けば、年式は新しい程良いとされますから、年式が10年も古い車の市場価値はどうしても低いものとなってしまうからです。

 

ただし、必ずしも10年落ちの中古車は下取り価格が付かないという訳ではありません。
車種・走行距離・メンテナンスの度合い・地域・タイミングなどによって、価値を認めてもらえる場合もあるのです。
下取りですから、実際には、新車購入価格の値引きという形になりますが、実質的に10年落ちの中古車が10万円以上で売れるという事もあるのです。

 

ただし、こうした価値ある中古車は、下取りではなく、買取業者への売却を検討すべきでしょう。
なぜなら、買取業者の方が、下取り価格より良い値段で、中古車を買取ってくれる傾向が高いからです。

 

買取業者へ売却し、その後ディーラーで新車を購入するのと、下取り、どちらも古い車を手放す+新車の購入と、同様の事を行っているわけですから、よりお得な方を選ぶのが、賢い消費者というものです。

買取業者への売却と下取り どちらがお得か確かめる方法

大雑把に言えば、買取業者からの査定と、下取り査定、両方を受ける事で、どちらがお得かを見極める事ができます。

 

ただし、ディラーと違い、買取業者は多数存在し、それぞれ買取価格が異なるという点に注意しなければなりません。
つまり、2,3業者から査定を受けたからといって、本当に業者へ売却するのと、下取り、どちらがお得か、正確な答えを知る事ができないという事です。

 

そこで、

 

一括査定サイトを使って、買取業者に売却した場合の最高値を調べる
  
下取り査定を受ける
  
より高値の方に売る

 

この流れにすれば、効率よく、最もお得な形での、車の買い替えが行えるはずです。

 

一括査定サイトを使えば、数々の優良業者の買取価格比較が簡単に行えます。

 

完全無料で利用できますから、ぜひ活用していきましょう。

 

 

一括査定サイトについての詳しい解説、売却額をよりアップするための、正しい利用方法はどはトップページにて解説。

 

10年落ちの中古車を手放して、新しい車に乗り換えようと考えている方に、大変役立つ内容になっていると思います。

 

 

 

お得に買い替え・売却を行うためのノウハウはこちらから→トップページへ移動する